葉酸を多く含む食品、食べ方まとめ 葉酸で健康に生きましょう!

葉酸の多く含まれる食べ物、食べ方についてまとめました。

 

葉野菜に多く含まれる葉酸ですが、水溶性ビタミンのため茹でるなどの調理をすると、損失しやすいのです。
しかし、生のほうが良いものと、茹でた方が良いものがありますのでまとめました。
調理する際、その都度調べるのもいいかも知れませんね。

 

生の方がよいもの

パセリ、あさつき、ブロッコリー、よもぎ、しゅんぎく、ケール、こねぎ、サニーレタス、オクラ

 

茹でた方がよいもの

芽きゃべつ、アスパラガス、ほうれん草、かぼちゃ

 

光や熱に弱い性質なので、食べきれなかったものは、冷蔵庫の野菜室に保存するなどしましょう。
新鮮なうちに、加熱せずに食べられるサラダ、納豆、果物ならば生搾りジュースにすると効率良く葉酸を摂取することが出来ます。

 

また、野菜以外では効果のあるものをまとめました。
ライチ、くるみ、いちご、うなぎ(きも) 、うに、ホタテ(生で食べることが効果的です)、そら豆、枝豆(茹でて食べることが効果的です)。

 

また、葉野菜以外に葉酸を多く含む代表的なものとして、納豆、レバーがあげられます。
納豆は、サラダに混ぜて食べるのもおすすめです。

 

レバーは、多くの量のビタミンAも含まれているため毎日食べるとビタミンAの過剰摂取の危険性があります。

 

食べるほど健康になる葉酸で、元気な生活を目指しましょう!

 

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<