MENU

妊娠を計画しているときにも、

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。たとえば、葉酸です。

 

妊活中の時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に掲さいされていました。

 

胎児が健やかに育つために最も重要な栄養素のひとつだ沿うで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。

 

 

 

野菜にもふくまれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを服用するのが良い沿うですから、ちょっとよかった?。
調べてみると多彩な葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊娠に向けてがんばっていきたいと思ってます。

 

 

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段のご飯から摂取する以外にもサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。

 

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われているのですよね。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期の3ヵ月間だと言う事は良く知られています。
とはいえ、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊娠を願望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的にはたらかせる飲み方だと言えます。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

 

 

 

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

 

 

 

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているでしょう。
食材だけで摂取する事が難しいと考える方は、サプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。

 

 

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないだと思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。

 

結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。

 

 

妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

 

 

 

ですから、ご飯から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に注意して頂戴。

 

それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

 

 

 

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、その通りで食べられる食材を選ぶのもポイントです。
とはいえ、加熱調理が避けられない場合には出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。

 

もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、彼女はベルタの葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

 

サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。
友達には悲しんでほしくないですし、げんきな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなって思っているんです。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。
赤ちゃんが欲しいと思い初めてから2年。
基礎体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、親戚に子供ができたことをきかされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人ともうけましたが、原因は私の方にありました。

 

 

排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

 

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つはたらきに注目が集まっています。葉酸は、ビタミンのひとつです。

 

その効果は十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

 

 

 

厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみて頂戴ね。

 

妊娠初期(妊娠前1ヶ月?妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸だと思います。

 

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにして頂戴。

 

 

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は一日当たり0.4mgと発表されています。

 

 

 

葉酸は野菜に多くふくまれた成分ですが、ご飯だけで十分かというと難しいと思いますから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。葉酸は野菜の中に多くふくまれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言うと、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多くふくまれています。
妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、おなかの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

 

 

納豆とかホタテにも、多くの葉酸がふくまれていますので、野菜の変りにそれらを食べることをおすすめしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<