MENU

流産を経験しています。ずっと欲しかったコ

流産を経験しています。ずっと欲しかったコドモでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい1年位たってから、やっぱりコドモがほしいと思い、妊娠にむけて、準備をはじめるようになりました。今度の妊活では体づくりにも注意しました。冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。
結果は、意外とうまくいきました。
新陳代謝が上がっ立ため、基礎体温を上げることができ、悩んでいた冷え性を改善する事が出来立ため、妊娠にむけて前むきな気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)です。

 

 

不妊かなと思っ立ときには、とりあえず基礎体温をつけることをお奨めします。基礎体温表をつけていくとその変化で、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠に繋がる対策を講じることもできるのです。

 

 

基礎体温表をつくるには、運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という注意点もあるので、その通りにしていくのが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

 

とはいえ、ご飯で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが最もいいでしょう。

 

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、ご飯の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いかもしれません。
普段のご飯から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。
ですからサプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてちょうだい。私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

 

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジし立という理由です。妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

 

 

 

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があるんです。

 

 

 

そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があるんです。

 

 

受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うようにするといいですね。いわゆる不妊症の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが考えられるでしょう。

 

原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが必要です。皆様ご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
もちろん、妊娠を要望する妊活中の方にも言えるでしょう。

 

 

 

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

 

 

 

そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中には十分に葉酸を摂るようにするのが良いかもしれません。

 

熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してちょうだい。葉酸摂取を目的としたご飯には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いかもしれません。

 

とはいえ、生食だけのご飯は現実的ではありません。熱をとおす必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱をとおすくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思っております。

 

 

こうした調理やご飯が負担だと考える方は、葉酸のサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)を活用するのが簡単ですから、おススメです。

 

ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果があるんですし、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが整っていくのです。

 

 

インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でもおこなえますし、軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことにつながります。こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。皆様ご存知のように、妊娠中には葉酸以外にも多彩な栄養素が不足しがちです。また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があるんです。
ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数入ったサプリがお奨めです。具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類(それぞれに違いがあるものです)ほど含んだサプリにすれば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

 

 

 

このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思っておりますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体が作られますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてちょうだいね。

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<