MENU

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

 

 

 

葉酸は胎児の正常な細胞分裂にはたらきかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行なわれず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。胎児の栄養はすべて母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的なご飯以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。一般的に、妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。

 

 

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与えるはたらきと、葉酸の含有量が多い食べ物についての紹介もされた方が多いかもしれませんね。

 

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。または、ほうれん草などの野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

 

食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段のご飯から摂取する以外にも葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

 

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

 

 

正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく言うと思いますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。日頃から妊活を頑張っている方は、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、実際に妊娠し立と分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

 

 

妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。

 

 

妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から赤ちゃんを授かっているのです。早い段階で胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。

 

野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)に多く含まれています。
妊娠後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取はおなかの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。
毎日野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)の代わりにそれらを食べることを推奨します。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご飯で摂取できる葉酸の値を意識してみてちょーだい。通常のご飯での摂取とは別に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なんとなくと言うと、必要な量の葉酸を摂取する事で、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

 

その場合には胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてちょーだい。

 

妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかも知れません。

 

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、体全体をリラックスさせる効果があります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

 

 

 

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

 

 

 

しかし、妊娠中には葉酸以外にも多様な栄養素が不足しがちです。また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリだったら必要な成分を適切に補うことが出来るというワケです。

 

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

 

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も今から飲んでおくと安心です。

 

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もある沿うですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

 

 

 

ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も多いでしょう。
もし、こうした方法で摂取をしていなかっ立としても、問題はないんです。

 

葉酸は自然の食品にも含有しています。

 

 

たとえばほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りのご飯をきちんと摂っていれば、多少は葉酸を摂れてい立と思います。

 

妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行なうべき妊活も沢山あります。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にも御勧めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

 

 

 

流産や不妊の原因因子として、女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

 

 

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るというはたらきがあります。そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<