MENU

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠三ヵ月

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠三ヵ月の期間の摂取が必須です。

 

では、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。

 

実際には決してそうではないんでしょうね。
胎児が先天的な障害を発症してしまう可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

 

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法をうけることにしたんです。
月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、それでも妊娠に至らず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。それが功を奏したのか、ほどなくして赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いとされています。

 

 

 

サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。

 

葉酸を効率よく働かせるためにも、食後の三十分のうちに摂取するのが良いと言えます。
なんとなくと言うと食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。

 

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少指せるということが分かってから、葉酸は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている成分でしょうね。
普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事での摂取が難しくなりますが、無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば不足した葉酸を確実に摂取できるという所以ですね。

 

 

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

 

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、汗や尿といっしょに体外に排出されるものが殆どですから、体の中に蓄積するということはありません。

 

 

 

しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

 

 

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なと思いますが、過剰摂取には十分注意し、指示された用法を守って摂取するようにしてください。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常といった障害を発症指せにくくするという効果が科学的見地からも認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。たとえば補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によっては特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるみたいです。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。亜鉛が卵巣に働きかけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

 

 

男性が摂取した場合、精子の質を高めることを助けてくれるんですね。

 

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

 

 

 

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。
今、二人コドモがいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについてママ友から教えて貰い、本で詳細をしりました。上の子が男の子でしたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もおもったより喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。いわゆる不妊症の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側の原因とが考えられるでしょう。

 

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査をうけることが必要です。むかし流産しています。その時は自分を責めて苦しかったのですが、だいたい一年位たってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊活を初めました。

 

 

サプリ等で栄養を補給することは持ちろん、妊娠に適した体をつくるために、冷え性を治そうと不得意だった運動を初めました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<