MENU

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないで

不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

 

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

 

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。

 

 

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かもしれません。

 

 

 

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段のご飯で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

 

 

具体的には、普段のご飯に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。

 

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。沿うしたサプリを利用する方は、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。
ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。皆様はどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸の含有量が多い食材は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

 

 

また、他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが困難な方も多いと思います。

 

普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてちょーだい。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、ご飯では摂りきれない栄養素を手軽に済ませられますね。

 

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

 

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストかもしれませんか?正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要不可欠な栄養素です。
なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリをつづけるという摂取方法が御勧めですね。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もある沿うですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。

 

 

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いほうれん草や肉類、果実等にも多くふくまれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普段のご飯でも葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

 

妊娠を望む方や妊活中の女性にとって気を付けて欲しい事は、ご飯ですね。妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがげんきに成長できるように備えておきましょう。

 

 

 

特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。

 

 

 

多くの方が、妊娠検査キットで妊娠をしると思います。

 

 

 

ですが、それより前からお腹の中に新しい命を授かっています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にすごくママにすごく適切な妊活だと言えますね。葉酸の摂取期間についてお話しします。

 

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、それは違います。

 

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が大切な期間というワケです。

 

なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるというワケです。

 

 

 

妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

 

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

 

流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

 

 

質の高い精子を造り、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてちょーだい。
友達の話ですが、妊活中に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」ときくと「漢方だよ」と教えてくれました。

 

彼女が言うには体質から変えたい、と考えているようでした。妊活中は薬を控えた方が良いときいていましたが、漢方であれば飲向ことに抵抗がありませんね。漢方をつづけていた彼女は、赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

 

友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

 

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、げんきで健康的な赤ちゃんを授かって欲しいと思っているんです。

 

>>葉酸の特長をまとめたページはコチラ<<